TOP > 都道府県議会議員共済会 > 事務手続きのながれ > 議員年金等の請求手続きについて
議員年金等の請求手続きについて
Ⅰ.現職議員が退職(辞職)した場合

 直ちに共済会に電話(03-5212-9160)連絡して頂くとともに、議員退職通知書(第22号様式)を提出して下さい。

Ⅰ-1. 退職した議員の在職期間が12年以上の者(含 若年停止者)…退職年金または退職一時金の請求をして下さい。

(提出書類:退職年金の場合)

①  退職年金決定(改定)請求書(第2号様式
②  履歴書(第4号様式
③  戸籍抄本(退職後請求時までに作成されたもの)
④  他の公的年金との重複期間に関する届(第23号様式
(議員の在職期間中に厚生年金など他の公的年金(第23号様式裏面参照)に掛金を掛けていた期間です。)
 ※他の公的年金の加入に該当がない場合も必ず提出して下さい。
⑤  共済給付金受取金融機関届(第26号様式
⑥  地方議会議員共済会による所得情報取得についての許諾書(第27号様式
⑦  公的年金等の受給者の扶養親族等申告書

提出期限 支給期が3月、6月、9月及び12月の各10日となっているので、その月の前月の20日までに共済会に提出して頂ければ、当該支給期に給付されます。

(提出書類:退職一時金の場合)

①  退職一時金決定請求書(第2号の2様式
②  履歴書(第4号様式
③  共済給付金受取金融機関届(第26号様式
④  退職所得の受給に関する申告書(分離課税ですので、確定申告の必要はありません)

提出期限 裁定次第、給付金を指定金融機関に振り込みます。

Ⅰ-2. 在職期間が12年未満の者…退職一時金の請求をして下さい。

(提出書類)

①  退職一時金決定請求書(第2号の2様式
②  履歴書(第4号様式
③  共済給付金受取金融機関届(第26号様式
④  退職所得の受給に関する申告書(分離課税ですので、確定申告の必要はありません)
 
提出期限 裁定次第、給付金を指定金融機関に振り込みます。

※平成23年5月までの在職期間のみ給付金(年金、一時金)の該当となります。

トップに戻る

Ⅱ.現職議員が死亡(公務によらない)した場合

 直ちに共済会に電話(03-5212-9160)連絡して頂くとともに、議員退職通知書(第22号様式)を提出して下さい。

Ⅱ-1. 死亡した議員の在職期間が12年以上の場合

Ⅱ-1-A.遺族のいる場合…遺族年金の請求をして下さい。

(1) 請求者が配偶者の場合
(注)配偶者が事実上の婚姻関係の場合には、別途その事実を証明する書類等の提出をお願いすることになりますので、共済会にご連絡ください。

(提出書類)

①  遺族年金決定請求書(第8号様式
②  死亡診断書の写等
③  議員の履歴書(第4号様式
④  他の公的年金との重複期間に関する届(第23号様式
(議員の在職期間中に厚生年金など他の公的年金(第23号様式裏面参照)に掛金を掛けていた期間です。)
 ※他の公的年金に加入の該当がない場合も必ず提出して下さい。
⑤  請求者の戸籍謄本
⑥  共済給付金受取金融機関届(第26号様式
 
提出期限 支給期が3月、6月、9月及び12月の各10日となっているので、その月の前月の20日までに共済会に提出して頂ければ、当該支給期に給付されます。

(2) 請求者が配偶者以外(子又は父母、孫等)の場合
子、孫の場合は、18歳未満(18歳に到達した年度の末日まで)でなければ請求できません。

(提出書類)

①  遺族年金決定請求書(第8号様式
②  死亡診断書の写等
③  議員の履歴書(第4号様式
④  他の公的年金との重複期間に関する届(第23号様式
(議員の在職期間中に厚生年金など他の公的年金(第23号様式裏面参照)に掛金を掛けていた期間です。)
 ※他の公的年金に加入の該当がない場合も必ず提出して下さい。
⑤  請求者の戸籍謄本…請求者と死亡した議員との繋がりのわかる戸籍簿であること。
⑥  議員の死亡当時、主としてその収入により生活していたことを証明する書類…所得証明書、扶養親族等申告書、在学証明書等死亡した議員との生計維持関係が明らかになる書類であれば結構です。
⑦  共済給付金受取金融機関届(第26号様式
⑧  総代者選任届(第9号様式)…同順位者が2人以上いる場合。例えば、18歳未満の子が2人以上いるとき提出して下さい。
 
提出期限 支給期が3月、6月、9月及び12月の各10日となっているので、その月の前月の20日までに共済会に提出して頂ければ、当該支給期に給付されます。

Ⅱ-1-B.遺族のいない場合
相続人から次の書類の提出をお願いします。

(提出書類)

① 死亡議員の除籍謄本
② 受給権を持つ該当者のいない届(第30号様式

提出期限…できるだけ速やかに。

Ⅱ-2. 死亡した議員の在職期間が12年未満の場合

Ⅱ-2-A.遺族のいる場合…遺族一時金の請求をして下さい。
(1) 請求者が配偶者の場合
(注)配偶者が事実上の婚姻関係の場合には、別途その事実を証明する書類等の提出をお願いすることになりますので、共済会にご連絡ください。

(提出書類)

①  遺族一時金決定請求書(第8号の2様式
②  死亡診断書の写等
③  議員の履歴書(第4号様式
④  請求者の戸籍謄本
⑤  共済給付金受取金融機関届(第26号様式

提出期限 裁定次第、給付金を指定金融機関に振り込みます。

(2) 請求者が配偶者以外(子又は父母、孫等)の場合
子、孫の場合は、18歳未満(18歳に到達した年度の末日まで)でなければ請求できません。

(提出書類)

①  遺族一時金決定請求書(第8号の2様式
②  死亡診断書の写等
③  議員の履歴書(第4号様式
④  請求者の戸籍謄本…請求者と死亡した議員との繋がりのわかる戸籍簿であること。
⑤  共済給付金受取金融機関届(第26号様式
⑥  議員の死亡当時、主としてその収入により生活していたことを証明する書類…所得証明書、扶養親族等申告書、在学証明書等死亡した議員との生計維持関係が明らかになる書類であれば結構です。
⑦  総代者選任届(第9号様式)…同順位者が2人以上いる場合。例えば、18歳未満の子が2人以上いるとき提出して下さい。

提出期限 裁定次第、給付金を指定金融機関に振り込みます。

Ⅱ-2-B.遺族のいない場合
相続人から次の書類の提出をお願いいたします。

(提出書類)

①  受給権を持つ該当者のいない届(第30号様式
②  死亡議員の除籍謄本

提出期限 できるだけ速やかに。

トップに戻る

Ⅲ.退職年金受給者(若年停止者を含む)が死亡した場合

 直ちに、共済会に電話(03-5212-9160)連絡して下さい。

Ⅲ-A. 遺族のいる場合…遺族年金の請求をして下さい。

(1) 請求者が配偶者の場合
(注)配偶者が事実上の婚姻関係の場合には、別途その事実を証明する書類等の提出をお願いすることになりますので、共済会にご連絡下さい。

(提出書類)

①  遺族年金決定請求書(第8号様式
②  死亡診断書の写等
③  退職年金証書…亡失している場合は、遺族年金決定請求書及び支払未済給付請求書の所定欄に具体的理由を記入して下さい。
④  支払未済給付請求書(第12号様式
※ 死亡月が2月、5月、8月及び11月の時は、受給者の預金口座を死亡月の翌月10日(年金支給期)まで閉鎖せず(入金可能な状態で)残しておいて下さい。
⑤  請求者の戸籍謄本
⑥  共済給付金受取金融機関届(第26号様式

提出期限 支給期が3月、6月、9月及び12月の各10日となっているので、その月の前月の20日までに共済会に提出して頂ければ、当該支給期に給付されます。

(2) 請求者が配偶者以外(子又は父母、孫等)の場合
子、孫の場合は、18歳未満(18歳に到達した年度の末日まで)でなければ請求できません。

(提出書類)

①  遺族年金決定請求書(第8号様式
②  死亡診断書の写等
③  退職年金証書…亡失している場合は、遺族年金決定請求書及び支払未済給付請求書の所定欄に具体的理由を記入して下さい。
④  支払未済給付請求書(第12号様式
※ 死亡月が2月、5月、8月及び11月の時は、受給者の預金口座を死亡月の翌月10日(年金支給期)まで閉鎖せず(入金可能な状態で)残しておいて下さい。
⑤  請求者の戸籍謄本…請求者と死亡した議員との繋がりのわかる戸籍簿であること。
⑥  共済給付金受取金融機関届(第26号様式
⑦  議員の死亡当時、主としてその収入により生活していたことを証明する書類…所得証明書、扶養親族等申告書、在学証明書等死亡した議員との生計維持関係が明らかになる書類であれば結構です。
⑧  総代者選任届(第9号様式)…同順位者が2人以上いる場合。例えば、18歳未満の子が2人以上いるとき提出して下さい。

提出期限 支給期が3月、6月、9月及び12月の各10日となっているので、その月の前月の20日までに共済会に提出して頂ければ、当該支給期に給付されます。

Ⅲ-B. 死亡した退職年金受給者に共済会の定める遺族のいない場合

(1) 退職年金受給者の死亡月が2月、5月、8月及び11月以外のときは、相続人から次の書類の提出をお願いいたします。

(提出書類)

①  年金である共済給付金受給権消滅届(第20号様式
②  死亡した退職年金受給者の除籍謄本
③  退職年金証書…亡失している場合は、支払未済給付請求書の所定欄に具体的理由を記入して下さい。
④  支払未済給付請求書(第12号様式
⑤  請求者の戸籍謄本…請求者と死亡した議員との繋がりのわかる戸籍簿であること。
⑥  共済給付金受取金融機関届(第26号様式

提出期限 支給期が3月、6月、9月及び12月の各10日となっているので、その月の前月の20日までに共済会に提出して頂ければ、当該支給期に給付されます。

(2) 退職年金受給者の死亡月が2月、5月、8月及び11月のとき
死亡した退職年金受給者の預金口座を死亡月の翌月10日(年金支給期)まで閉鎖せず(入金可能な状態で)残しておいてください。(入金できない場合は(1)の手続きをとって下さい。)

(提出書類)

①  年金である共済給付金受給権消滅届(第20号様式
②  死亡した退職年金受給者の除籍謄本
③  退職年金証書…亡失している場合は、年金である共済給付金受給権消滅届の所定欄に具体的理由を記入して下さい。

提出期限 できるだけ速やかに相続人から次の書類の提出をお願いいたします。

トップに戻る

Ⅳ.遺族年金受給者が死亡した場合

直ちに、共済会に電話(03-5212-9160)連絡してください。

Ⅳ-A. 死亡した遺族年金受給者に18歳未満の子、父母又は18歳未満の孫がいる場合…遺族年金の転給請求をして下さい。

(提出書類)

①  遺族年金転給請求書(第10号様式
②  死亡した遺族年金受給者の除籍謄本
③  遺族年金証書…亡失している場合は、遺族年金転給請求書及び支払未済給付請求書の所定欄に具体的理由を記入して下さい。
④  支払未済給付請求書(第12号様式
※ 死亡月が2月、5月、8月及び11月の時は、受給者の預金口座を死亡月の翌月10日(年金支給期)まで閉鎖せず(入金可能な状態で)残しておいて下さい。
⑤  請求者の戸籍謄本…請求者と死亡した遺族年金受給者との繋がりのわかる戸籍簿であること。
⑥  共済給付金受取金融機関届(第26号様式
⑦  議員の死亡当時、主としてその収入により生活していたことを証明する書類…所得証明書、扶養親族等申告書、在学証明書等死亡した議員との生計維持関係が明らかになる書類であれば結構です。
⑧  総代者選任届(第9号様式)…同順位者が2人以上いる場合。例えば、18歳未満の子が2人以上いるとき提出して下さい。

提出期限 支給期が3月、6月、9月及び12月の各10日となっているので、その月の前月の20日までに共済会に提出して頂ければ、当該支給期に給付されます。

Ⅳ-B 死亡した遺族年金受給者に共済会の定める遺族のいない場合(受給権の消滅)

(1)遺族年金受給者の死亡月が2月、5月、8月及び11月以外のときは、相続人から次の書類の提出をお願いします。

(提出書類)

①  年金である共済給付金受給権消滅届(第20号様式
②  死亡した遺族年金受給者の除籍謄本
③  遺族年金証書…亡失している場合は、年金である共済給付金受給権消滅届の所定欄に具体的理由を記入して下さい。
④  支払未済給付請求書(第12号様式
⑤  請求者の戸籍謄本…請求者と死亡した遺族年金受給者との繋がりのわかる戸籍簿であること。
⑥  共済給付金受取金融機関届(第26号様式

提出期限
支給期が3月、6月、9月及び12月の各10日となっているので、その月の前月の20日までに共済会に提出して頂ければ、当該支給期に給付されます。

(2)遺族年金受給者の死亡月が2月、5月、8月及び11月のとき
死亡した遺族年金受給者の預金口座を死亡月の翌月10日(年金支給期)まで閉鎖せず(入金可能な状態で)残しておいて下さい。(入金できない場合は(1)の手続きをとって下さい。)
相続人から次の書類の提出をお願いいたします。

(提出書類)

①  年金である共済給付金受給権消滅届(第20号様式
②  死亡した遺族年金受給者の除籍謄本
③  遺族年金証書…亡失している場合は、年金である共済給付金受給権消滅届の所定欄に具体的理由を記入して下さい。

提出期限 できるだけ速やかに

インデックスに戻るトップに戻る