TOP > 都道府県議会議員共済会 > 事務手続きのながれ > 現職議員が死亡したとき > 在職12年以上
事務手続きのながれ(給付請求関係)
現職議員が死亡したとき 在職12年以上遺族年金の請求受給権を持つ該当者のいない届

 禁錮刑以上の刑に処せられた者、公務傷病に患った者、重度障害者等に係る給付金の請求手続きについては、別途共済会にご連絡下さい。

  共済会の定める遺族  

 共済会の定める遺族とは………配偶者(事実上の婚姻関係を含む)、18歳未満の子、父母、18歳未満の孫、祖父母等のことで、この順位で上位の者から遺族年金を請求して下さい(配偶者以外は、生計維持関係を要す)。

相続人の範囲

インデックスに戻る