TOP > 都道府県議会議員共済会 > 事務手続きのながれ > 相続人の範囲
事務手続きのながれ(給付請求関係)
相続人の範囲

相続人の範囲は、民法で次のとおり定められています。

○ 相続人の範囲
 死亡した人の配偶者は常に相続人となり、配偶者以外の人は、次の順序で配偶者と一緒に相続人になります。婚姻によって夫婦となった者を相互に配偶者といいます。


第1順位
死亡した人の子供(実子、養子を問わない)
その子供が既に死亡しているときは、その子供の直系卑属(子供と孫など)が相続人となります(※代襲相続)。子供も孫もいるときは、近い世代である子供の方を優先します。
第2順位
死亡した人の直系尊属(父母や祖父母など)
父母も祖父母もいるときは、近い世代である父母の方を優先します。
第2順位の人は、第1順位の人がいないとき相続人になります。
第3順位
死亡した人の兄弟姉妹(その兄弟姉妹が既に死亡しているときは、その人の子供)
第3順位の人は、第1順位の人も第2順位の人もいないとき相続人になります。

なお、相続を放棄した人は初めから相続人でなかったものとされます。

相続人の範囲

(※代襲相続)
 相続開始前に相続人が死亡している場合、その者の子等が代わって相続する。

代襲相続